IVORY PAST / 小林しの Shino Kobayashi split Cassette Tape カセット スプリット blue-very label ネオアコ インディポップ

sloppy joeのフロントマン Hitoshi Oka のソロプロジェクト Ivory Pastと、女性SSW 小林しの のスプリットカセット。Ivory Past は相変わらずの正統派・哀愁ネオアコで、世界観が確立されています。sloppy joeよりもっと趣味が出ているかんじでしょうか。80年代のオブスキュア・ネオアコバンドのレコードだよ、と言われたら納得しちゃいます。それと対比して、小林しのさんの柔らかい歌声とメロディが甘過ぎずクール過ぎずでちょうどいい。

Okaくんは sloppy joe の前に my coffee moment というバンドを、そして小林しのさんは Harmony Hatch のヴォーカルとして活動されていて対バンしたこともあったとか。キャリアをスタートした時代が重なっていて、いままたこうしてそれぞれのソロでスプリットになるというのは音楽のご縁ですね。

このスプリットシリーズ恒例のカバーも、どちらも素敵でした。Ivory Past は The Hepburnsの1stシングルより "World Is"を、小林しのは The Orchidsの"A Kind Of Eden"をカバー。
初回特典のCDRに収録の未発表カヴァーソングも最高です。


IVORY PAST / 小林しの split ep series vol.3
(blue-very label,2020,cassette tape,Japan)
included MP3 DL code with CDR

Side A Ivory Past
1.In the holy time
2.clouds over the sky
3.the world Is

Side B 小林しの
1.forget me. not (blue-very version)
2.Large gate
3.a kind of eden

International Shipping OK.
If you would like to order, Please contact via e-mail.

*厚さ3僉A4サイズ以内でしたら「クリックポスト」全国一律250円での発送を承ります
(補償なし/追跡番号あり/郵便受けへの配達)



販売価格 1,100円(税込)
購入数


Top